フリーランスの人のローン審査

フリーランスとして働いている人には、正社員や派遣社員、学生、主婦などをやりながら、兼業で副業収入を得ているという人もたくさんいます。

しかしここでは、フリーランスを専業でやっており、他にアルバイトなどの収入もない人について考えてみます。
フリーランスを専業でやっている人は、個人事業主や自営業に分類されるので、ローン審査では最も不利になると言われています。



雇用保険にも加入していないので、失業をしても失業給付は受けられませんし、時給や基本給という概念もないので、事業に失敗すれば収入が大きく下がる可能性もあります。



そのような不安定な職業ですので、ローン審査では下手をすればアルバイトよりも不利になってしまいます。

しかし、フリーランスの人でもクレジットカードは作れますし、ローン審査についても無理のない金額を借りるだけならば借りられる可能性はあります。

銀行の審査に通らないのであれば、消費者金融も検討してみるとよいでしょう。

フリーランスの人は、アルバイトでもよいので給与収入を得るようにしてから、ローン審査に申し込むようにすると、有利になります。
給与収入に加えて、事業による収入も年収に含めることができるので、単純に年収の増加になります。



自宅を職場にしている人は、固定電話があることが重要になるかもしれません。携帯電話は固定電話に比べると信用がありませんので、金融機関によっては在籍確認をクリアできないことがあります。

逆に、固定電話があるのならば、問題なく在籍確認もクリアできるでしょう。